会社員の仮面を被った宇宙人がノマド社労士をしたお話

同じ毎日って嫌ですよね。大変ながらも楽しくスパイスある日々を過ごすブログ。旅行・ダイビング・勉強・パラレルキャリア色々やります♪ Twitter⇒  @sharotaro1(イチ)

M-1総評😳変革の年


スポンサードリンク

みなさんこんにちは。

シャロ―ランドです。

 

昨日開催されたM-1 2020.

優勝者はマジカルラブリーでした。おめでとうございます!

お笑い好きのシャロ―ランドなりの評価をしていきたいと思います。

ちなみにシャローランドはこてこての関西漫才が好きなので若干世間の評価と異なりますので了承ください。

昨年でいうとミルクボーイ,かまいたち,和牛が好きなタイプです。

 

1.インディアンス:漫才としては楽しいが,何というか笑うことが少なかった。想像できる笑いだからだろうか。。。キャラが好きなだけに残念。

2.東京ホテイソン:若さだからがもう少しつまった内容がほしかった。つっこみの声は秀逸で好き

3.ニューヨーク:シャロ―ランドも好きな漫才の形。世の中をうがった見方でけなす独特の持ち味はさすが。前半の勢いを保っておけば決勝進出も夢ではなかったが後半に向けて失速したイメージ

4.見取り図:安定した漫才。さすが関西といった感じ。手の内もばれている中でこの安定感を出すことは中々に難しい。

5.おいでやすこが:ピン芸人同士がコンビを組んでの出発でまさかの決勝進出。初めてネタをみたが,特に響くところもなく,なんとなく雰囲気が面白いなといった感じ

6.マジカルラブリー:変わった漫才で再挑戦といった感じ。つかみは良かったがその後あまり存在感を感じるほどではなかった。

7.オズワルド:関東漫才の代表格。ただ好みとしてそこまでツボではなかった。序盤はよかったが,この温度になれてしまうと爆笑をさらうのは難しいように感じた。

8.アキナ:手の内はばれていたが,頑張ったなといった感じ。可もなく不可もなくさらーっと終わっちゃった感じ。

9.錦鯉:オードリーのパチンコネタや春日になり切った感じが分かり全然笑えなかった。お笑いとはいえパクリは・・・とはいうもののおもしろければ許される世界だと思うがあまり面白くなかった。

10.ウエストランド:らしさ全開。個人的には良さが出過ぎていてとても楽しかった。相変わらずのディスり漫才はさすがといった感じ。

各コンビの総評は上記のとおりです。シャローランドとしては今年のM-1は残念でした。しゃべくり漫才もなく色物の集まりといった感じ。また,しゃべくり漫才自体も昨年に比べると大きくレベルを落とした感が否めません。和牛がでていたらな・・・といった気持ちが強くなるのはシャローランドだけでしょうか。

 

ファイナル進出はシャローランドとしては見取り図,ニューヨーク,ウエストランドでしたが,少し外れましたね。笑

一年で一番楽しみなテレビ番組だっただけに少し残念が募りますが,なんにせよ,マジカルラブリーさん,おめでとうございます!

 

#シャローランド #M-1 #お笑い #しゃべくり漫才 #今年は不作 #期待のニューヨーク #後半失速 #来年に期待 #関西芸人頑張れ