旅する小悪魔・夜神Nanaの変人な日々のお話

同じ毎日って嫌ですよね。大変ながらも楽しくスパイスある日々を過ごすブログ。旅行・ダイビング・勉強・パラレルキャリア色々やります♪ Twitter⇒  @sharotaro1(イチ)

久々に漫喫に行ってみるとそこはカオスな世界線があった🫣✨


スポンサードリンク

みなさんこんにちは。

ななちゃんです。

 

コロナ禍の時からパパ活という名の援助交際で有名な漫画喫茶「カスタマカフェ 歌舞伎町」がどういう状況なのか言ってみることにしました。

ここはTwitter上でも援助交際、売春の温床となっていう場所で、ここにいるよーって投稿をよく見ます。

これって実は悪戯ではという気持ちもあり、まずはカスタマカフェの前で入場者の雰囲気を見てみることに。

 

まぁ。。。すごい笑。絶対漫画喫茶なんて行かなそうな派手目な女の子から地味っ子まで女の子がどんどん吸い込まれていく。

しかも特徴的なのが、その目。

プロの目というか、感情なんて0の目。

それもそのはず。これからオッサンどもを捕まえて、身体を売るわけですからね。

全員がそうかはもちろんわかりませんが夕方くらいにも関わらず投稿も多め。

 

何だか怖いなぁと思いつつ、、いざ中に。

東南アジアの売春街みたいに、カスタマカフェの中でも売春してくるのかなって思ってたら、それは出禁の対象になるのか全くなく、Twitterで営業して、部屋に呼び込む飛田新地のようなものですね。

いろいろな事情はあると思いますが身体は大事にしてほしいですね😌

 

ななちゃんがあえてこういう性風俗のような表現をするのは若い子達にこれは可愛い表現で済むものじゃないということを自覚してほしいからです。

若くして体を売って金を稼ぐということを覚えてしまうと、もう普通には戻れません。

これは仕事を昼職に戻れないという意味ではなくて、一度売った記憶というのはもう変えることができません。

死ぬまで金で売ったという記憶がついてまわります。それによりPTSDになったりもしますし、そもそも怖い思いもしますからね。

お金が欲しいのは分かるものの、それを身体で売って稼ぐようなことは若い子にはしてほしくないなって思います🫣💦

 

#夜神Nana #ななちゃん #漫喫 #カオス #カスタマカフェ歌舞伎町 #パパ活 #P活 #明日私は誰かの彼女 #記憶は残り続ける