旅する小悪魔・夜神Nanaの変人な日々のお話

同じ毎日って嫌ですよね。大変ながらも楽しくスパイスある日々を過ごすブログ。旅行・ダイビング・勉強・パラレルキャリア色々やります♪ Twitter⇒  @sharotaro1(イチ)

コロナによる残業減😊急な改革は危険💦


スポンサードリンク

みなさんこんにちは。

シャロ―ランドです。

 

昨今ニュースででてきたコロナによる在宅勤務体制が増えることによる残業減についてピックアップしていきたいと思います。

これって,コロナで在宅勤務が開始した当初に出ていたニュースを拝見しました。

 

在宅勤務は時間管理が難しくパソコンでできる作業がおおいと残業が無尽蔵に増えてしまうのではないかというリスクがあるということです。

シャローランドも当初その心配はしていました。

顧問先の労務管理もそうですが,会社員としても増えちゃわないかなーって💦

でも,実際蓋を開けると事実は大きく異なることになります。

確かに時間管理は難しいですが,それよりも難しいものがありました。

それは成果の確認です。

営業などであれば,数字で管理できますが,正直事務仕事というのは管理がしづらいものです。

みなさんも想像してみてほしいのですが,事務職でがんばっている人ってどういう人ですか??

率先して電話を取る人,誰がしてもいい仕事を率先してやれる人なのです。

チームの中で和を乱さずにやってるやっている人が評価されるものなのです。

それがなくなってしまうと,表であなたはこの処理,君はこの仕事という風に割り振って在宅をしてもらうようになります。

そうなるとどうでしょう。

滞りなく進むものの,その人が効率よくやっているのか,さぼって残りの時間でしっかり仕事しているのかとか見えづらくなるわけです。

特にこれまで残業が発生していない会社であれば,これまで通りと同じ時間でできるやろってことで,残業ゼロでいいやんってなります。

となると,たまに残業した日でも申請しづらくなります。特に仕事の成果を報告・・・という風になったら意外と書くことって少ないものです。少し嫌味も言われるとなおさら申請はしづらいと💦

 

そうなった結果,去年までの残業は30%の減少したわけです。

わー✨なんて素敵な状況!!自分の時間が確保できていいこと尽くしじゃーん!!・・・っとはなりません。

みなさんもわかっていると思いますが,残業時間の減少ということは=残業代の減少となり,収入減につながります。

 

これまで残業代の数万円で収入補填が当たり前になった人が急に減ったらそれはとても悲しいですよね笑

シャローランドもそれはとても感じてます。

お金が・・・お金が・・・

毎月赤字になるやないかー!!って笑

 

一方で社員の人も気づいちゃったんですよね。あ,出社とかマジ無意味!仕事って定時の時間必要に思えてたのは社内の無駄な命令とかのせいなんだなって。

 

こうなってくると転職の可能性も考えたくなると思います。

 

ただ,シャローランド的にはこれには警笛を鳴らしておきますね。

 

こうやって無駄を削減していった場合の行きつく先は究極の成果給です。

仕事一つ一つに値段がつけられそれを受注しお金に変えていくと。

これができる人ならだれでもいいっていう風になって賃金が上がらなくなりがちです😢

 

もちろん企業側から見ればコスト削減になりますが,愛社心もくそもなくなるのでそのあたりも含め色々検討されていくべきなのかなぁって思ってます😊

#シャローランド #残業代 #テレワーク #在宅勤務 #収入減 #転職 #効率化は社員にとって諸刃の剣