旅する小悪魔・夜神Nanaの変人な日々のお話

同じ毎日って嫌ですよね。大変ながらも楽しくスパイスある日々を過ごすブログ。旅行・ダイビング・勉強・パラレルキャリア色々やります♪ Twitter⇒  @sharotaro1(イチ)

誰のための子供給付金??国の考える貧困とは


スポンサードリンク

みなさんこんばんは。

夜神Nanaです。

 

さて、今日は給付金に関するニュースが出ていました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ec503e9015880a843060ba19e6d6987bfaed874d

こちらの記事によると子供がいる世帯に対して、世帯主の年収960万円以下の人に計10万円を支給するとのこと。

 

毎回思うのが子供がいる家庭に限定しているのは何故なのか。これすっごい思うんですよねー🙄そして今回って世帯主の年収が960万円。。。1000万を超える人は貰えないけど、900万円ずつ稼ぐ夫婦貰える、子供の人数と所得を考えないなど気になるところたくさんですね。

まぁ1番簡単な理由としては世の中が反発しづらいから。特に独身貴族からしてみれば、子育て頑張ってる人に対してずるいとか言いづらいですよね。

でもNanaは言っても良いと思ってます。

だってこれって創価学会率いる公明党の学会費でも、自民党の政治家の寄付でもなく、まぎれも無い我々と税金なわけですよ。

この税金を一円も無駄なく使って欲しいと思った時に安直な子供がいる世帯に限定するのではなく、本当に困っている人を助けるべきだと思うんですよね。

 

本当に困っている人、つまり、1人で生きていても身体に病気を抱えていたり、子供がいなくても貧困している世帯などに特化しても良いと思うんです。

みんなにいい顔したい、ということばかり考えてるから本当の貧困脱却ができないのかなと。

Nanaが決めるとすれば

・35歳以上の年収400万円以下の方

世帯年収400万円以下の方

こういう感じで年収で本当に困っている人に、10万円とかじゃなく、50万円とかガッツリあげちゃえばいいのではないかと。

贅沢をしようが、スキルアップに使おうが、こんなまとまったお金なんて滅多に使えない方だと思うのでお金を稼ぐ楽しみを感じてもらうことが大事だと思うんですよね。

 

そうすることで、自分で勉強を始めたり、するんじゃないのかなと。

今の日本って極端にお金を使うことが怖くなってる気がします。

賃金も上がらないし、将来も不安だとお金を使えないものです。

でも何か贅沢を楽しむ方法を覚えたらその考えって少しは変わるんじゃ無いのかなと。

貧乏な人は何もしないからと切り捨てるのではなく、こうすれば脱却できるのではという方策を考えるべきかなと。

 

とりあえずの数万円とか付け焼き刃感半端ないし本来的な解決にはつながらないんじゃないかなと。

…と、Nanaは思いますがどうですかねー。まぁ受け入れられない人は多いと思うけど笑。

Nanaだって50万キャッシュで欲しいしね🤗

 

#夜神Nana #シャローランド #子供給付 #世帯主の年収て #必要な人に行き渡って欲しい #人気取りなだけの政策にはNO