旅する小悪魔・夜神Nanaの変人な日々のお話

同じ毎日って嫌ですよね。大変ながらも楽しくスパイスある日々を過ごすブログ。旅行・ダイビング・勉強・パラレルキャリア色々やります♪ Twitter⇒  @sharotaro1(イチ)

コロナワクチンの大きな誤解と真実。打てば最強という幻想


スポンサードリンク

みなさんこんにちは。

シャローランドです。

 

さて,本日は医療関係者の方と対談し,改めてコロナワクチンについて話を伺ったので情報提供という意味合いもかねてお話したいと思います。

f:id:pocket-labor-consultant:20210614014619j:image

コロナワクチン,現在高齢者からのワクチン接種が始まっています。

これがオリンピックまでに間に合えば安心なのではないか,いやいや危ないのは変わらないだろう。。。こういった意見が錯綜しています。

シャローランド自身も医療にはもちろん詳しくありませんので,聞いた事実のみをまとめてみたいと思います。

 

・そもそもワクチン接種というというのは,わかりやすくというとインフルエンザ予防接種と似たようなもの。

・インフルエンザ予防接種自体も,勘違いしている人が多いが,そもそも罹らないようにする薬ではなく,あくまで「重症化を防ぐ」意味合いであるもの

・当然ながらインフルエンザ予防接種を受けた人もインフルエンザになりえる

・ということはコロナワクチンも同様に,重症化を防ぐというもの

 

まずここまでで第一段階ですが,いかがでしょうか。

正直シャローランドは,この注射を打てば,最低一年はかからないものであると考えていました。その結果,飲み会の解禁,海外旅行行きまくりも可能であると。

しかし,現実は重症化を防ぐためのものであるとのことです。

 

ではなぜ,重症化を防ぐことが大事なのでしょうか。

これについて,まとめていきます。

コロナウイルスは他の病気と違い,重症化のスピードが速い

・重症化により病床が埋まると,医療崩壊が起こり助かる命が消えてしまう

・重症化になりやすい傾向として,高齢者が圧倒的に多い

・ということは高齢者を先に打てば,重症化による病床が埋まるスピードも下げることができ,結果として医療崩壊を防ぎ,適切な医療を提供することができる。

 

こういう理屈だそうです。

なるほどなーって思いました。つまり,全体として,完全なる解決には結びついていないものの,今起こっている根本的な問題の一部を解決することができるわけです。

 

ただ,これを解決したとしても以下の問題が残っています。

・重症化はしないが,感染してしまう。

・無味無臭が重症の状態であれば,若干の無味無臭状態になってしまう??

・めっちゃ抜け毛がある状態重症の状態であれば,若干禿げてしまう??

 

上記のような問題はこれから検証されていくでしょうが,未だ未知数です。

結局コロナはインフル同様長い目で付き合っていかなければならない病気ではありますが,ワクチンを打ったところでどれほど軽微なものとしてとらえていいのかわからないわけです。

ワクチンを打っても引き続き旅行や飲み会の制限というのは続いていきそうですね。

ただ,医療が発達し,完全に後遺症などを抑えれるようになった際には,インフルエンザなどの季節性のウイルスと同様に扱われるかもしれません。

 

なお,医療関係者の方のお話によると,ワクチン接種は2回目がかなりきついから覚悟しとくように,とのことです。

そして,ワクチンを打つことによる今後数十年の後遺症は誰もまだ体験していません。

こういったリスクがありつつも,今無駄に命を失う必要はないわけですからしっかりと予防接種して,感染する側になることや,感染して誰かを悲しませることのないようにしましょうね!!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コロナとワクチン [ 船瀬 俊介 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/6/14時点)

楽天で購入

#シャローランド #コロナワクチン #接種 #抗体ではない #重症化しないだけ #予防策は継続 #2回目がしんどい #医療関係者インタビュー #みんなで乗り切ろう